2015/12/28

ECAFM



説明を読む(github)
ダウンロード Windows 64bit版(Google ドライブ)

Elementary Cellular AutomatonをFMシンセサイザと組み合わせました。直球でECAFMと名前を付けました。ロボット感あふれる音を作ることができます。

音のサンプル(Google ドライブ)

2015/12/25

three.jsでElementary Cellular Automaton



デモを見る(github)

今度はElementary Cellular Automatonを作りました。
この実装では左右の端が繋がっています。

デモ画面の上にあるRuleの数字を変えてからResetボタンを押すことで、色々と模様を変えることができます。Randomボタンを押した場合は、ランダムな初期状態でリセットします。

画像はおなじみのRule30です。
制作時に調べていて驚いたのですが、Rule110はチューリング完全だそうです。

2015/12/24

three.jsでCyclic Cellular Automata



デモを見る (github)
説明を読む (github)

three.jsを利用して、フラグメントシェーダでCyclic CAを作りました。うねうね動くところを見ていると癒されます。

2015/12/20

SingenBDを公開

Singen2の発展としてSingenBDを作りました。

以前に作ったSingen2は使いにくい部分があったので、パラメータを削ってエンベロープを変更しました。素朴な質感のエフェクトも追加しています。

以下はページ上部のSingenBDのリンク先と同じ内容です。

--


ソースコードとマニュアル(GitHub)
windows 64bit版 ダウンロード(Google Drive)

--

SingenBDはシンプルな4opFMシンセサイザです。いかにもシンセサイザ、という打楽器音をランダマイズでさくっと作ることができます。

SingenBDはQt5.5を利用しています。

2015/11/25

[ET90] Muryoku

[ET90] Muryoku

ギリシャのインターネットレーベル、Etched Traumasから私の曲をリリースして頂けました。

このミニアルバムは、ジョン・ハッセルをよく聞いていた頃に作ったアンビエントです。

--

以下はEtched Traumasのトップページに載っている文の訳です。

--

私たちは探検家のようだ;肺から湧き上がる聴いたこともない音によって何光年もの距離を旅している。新しいことのために、貧相な録音機とDAWで装備を固めている。そこには上書きするためのルールがあり、引き延ばすためのケーブルがある。銅線を引っ張りつつ音を集めていると、偶然にもガラスが割れる。すると突然、快と不快、悲哀と歓喜の合間に揺れ動く。私たちは、ステレオタイプから逃れるための衝動によって、面白いノイズを作るためにここにいる。

「私たちのモデルは音だ」というなら、そこへ行って道路でぶっ飛ばそう。刻まれたトラウマ(Etched Traumas)を後に残して。

2015/10/18

[WONDERCAST009] Andres Marcos – Il Gran Caldo

[WONDERCAST009] Andres Marcos – Il Gran Caldo

即興です。ミニマルテクノやマイクロハウスに近いかと思います。

以下は説明文の訳です。

--

それは静かで暑い夏の夜でした。Fabioが、彼のスタジオでライブセッションを録音しないか、と私に声をかけたのでした。私は2時間ほどの大遅刻をしながら素材を準備しました。長い間、部屋の片隅に転がしたまま忘れていた機材を含め、全てを大きなバックパックに詰めてバイクに載せた後は、街の端からもう一方の端へと渡りました。機材のセッティングを終えた後、明確な終わりを決めないまま演奏を始め、ただジャミングと即興に任せる雰囲気に。このWondercastはその夜に録音されました。タイトルをイタリア語から翻訳すると「大きな熱」となり、これはその時のスタジオの高い温度から来ています。

2015/10/17

[TKEP029] 4twenty - Danger Fly EP

[TKEP029] 4twenty - Danger Fly EP

ダブステップです。丁寧にまとまっています。

以下は説明文の訳です。

--

4twentyは「Rap Sin Formato」というメキシコの有名なグループに属するDJ、プロデューサだ。メキシコのアンダーグラウンドシーンにおいて最も活動的なDJの一人でもある。その音楽性は力強いラテン・トラップから重厚なダブステップ、そしてドラムンベースにまで至る。このデビューEPでは、彼の上質なプロダクションが披露される。

2015/10/16

[PLATARECS151] Satanoise tv - Electric noiseland

[PLATARECS151] Satanoise tv - Electric noiseland

サイケなサンプリング音楽です。カットアップと書かれてはいますが、ぶつ切り感はありません。

以下は説明文の訳です。

--

Electric noiselandは脈動のアルバムであり、Satanoise tvは、コラージュの技術と輝く星のようなギターによって音を溶かして混ぜ合わせてしまう、とんでもない創造性を持ったアルゼンチン人のPatricio Ferreyra Semの名義です。サイケデリック、クラウトロック、ノイズからの影響は明らかでしょう。瞳孔を開き、精神をいぶすための音楽です。リコメンドでは足りません。トレメンド!(訳注:tremendoはポルトガル語ですごい、かっこいいといった意味のようです。)

2015/10/14

[AA123] Mikel R. Nieto - Early Works (2004 - 2009)

[AA123] Mikel R. Nieto - Early Works (2004 - 2009)

極端に歪んだ音です。

以下は紹介文の訳です。

--

1980年、ギプスコア県のドノスティア(訳注:スペイン北東部の都市)に生まれる。Mikelはドノスティア、マドリード、バルセロナで芸術を学んだ。何年もの間、写真撮影とそれに関する理論に没頭した。彼はいくつかの大学と文化施設のワークショップで教鞭をとっている。また、バスク州のサウンドマップチーム、soniumapa.netの一員であり、Hots!ラジオのコーディネータであり、mediateletipos.netプラットフォームの編集者でもある。

2015/10/13

[zgmk0001] Zigmik - Zigmik I

[zgmk0001] Zigmik - Zigmik I

発振音です。説明によるとMonotron Delay、Waves CLA Bass、Ozoneを使用しているそうです。

以下は説明文、というよりもポエムの訳です。

--

Zigmik I

初めに岩があり、重さがあった
しかし、重さはそれ自身を支えきれず、崩れてしまった
摩擦が火花を生み、火花が炎を起こした
そして燃え盛る岩があらゆる方向に落ちていった

HruxとYüxが残った
Yüxは永遠の炎で包まれた
また、Hruxはその火を消した
暗闇の中へ

聖なる種が芽吹いたとき
命がいたるところに現れた
それは、火のないHruxにだけ
そして暖かい灰によって、それは繁茂した

Hruxは毎夕、苦しんだ
夜への恐怖を覚えた
おそれを抱く日々を崇めた
そして何も永遠でないことを理解した

2015/10/07

Singen2

Singen2を公開しました。


ぷちぷち言います。
エイリアスノイズがばりばり出せます。
キュートで今更なシンセサイザです。

2015/10/03

[speculations2015-09-30] Elynor Freyss - Firm Moonlight

[speculations2015-09-30] Elynor Freyss - Firm Moonlight

アンビエントです。4曲目がいい感じです。5曲目以降は雰囲気が変わります。

2015/09/27

[MI-52-T7] TALES - Sagarmatha

[MI-52-T7] TALES - Sagarmatha

エスニックな雰囲気あふれるアンビエントです。緩いリズムが入っています。

以下は説明文の訳です。

--

アジア3部作の第3作。

このアルバムは聖峰サガルマタへと続く神秘的な道。

エベレストは、ネパールでは「サガルマタ」、チベットでは「チョモランマ」と呼ばれています。サガルマタはネパールにある14の行政区画の1つでもあり、東部に位置します。この名前は行政区の最北に位置するソルクンブ区のサガルマタ山からつけられています。サガルマタとは「偉大な青い空の頂」を意味しています。

サガルマタは6つの区画に分けられています:
サプタリ、シラハ、ウダイプル、コータン、オカルドゥンガ、ソルクンブ。

2015/09/25

[Sociopath 023] Fed. - 902BassDrum

[Sociopath 023] Fed. - 902BassDrum

ジャングルです。20年前のリリースと言われても信じてしまいそうな音です。

2015/09/24

[sPE_0220] Joseph Szymkowiak - 'Dead Chamber'

[sPE_0220] Joseph Szymkowiak - 'Dead Chamber'

ダークアンビエントです。換気扇のような音が延々と続きますが、わりと抑揚が感じられます。

2015/09/21

[0kbps097] Emanuele Fais - Too Much Blood In My Alcohol

[0kbps097] Emanuele Fais - Too Much Blood In My Alcohol

グリッチノイズです。ところどころギターらしき音が入っています。

ディレイが深くかかった6曲目がいい感じです。

2015/09/20

[oz001] Massimo Croce - Cosmonauta

[oz001] Massimo Croce - Cosmonauta

シンセサイザー音楽です。音程を感じられる要素が多く、聴きやすい内容となっています。

以下は、説明文の訳になります。

宇宙飛行士であったソビエト連邦の英雄、ユーリ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン(ロシア語: Ю́рий Алексе́евич Гага́рин, Jurij Aleksejevič Gagarin Russian 発音: [ˈjurʲɪj ɐlʲɪˈksʲeɪvʲɪtɕ ɡɐˈɡarʲɪn]; 1934 3月9日 – 1968 3月27日)へ捧げる。1961年4月12日にガガーリンは宇宙へと向かい、地球の軌道に乗った初の人間となった。彼は宇宙へと旅した先駆者として世界中から勲章を授かった。

COSMONAUTAは、アナログとデジタル、両方の電子機器を用いて1985年に録音された。
録音に用いた機器:
Korg MS 10,Korg MS 50
Yamaha DX7
Multieffect Montarbo
Oberheim Matrix 1000
Tascam Portastudio cassette multi-track, the Teac 144.
マスター音源はテープに録音された。

2015/09/12

[mi247] stabilo - sleepdeeply

[mi247] stabilo - sleepdeeply

ややドローン寄りのアンビエントです。

3曲目のベースが入ってくるところでぐっと来ました。

[Plataforma 147] Antoine Trauma -Temple Of 3 Horses

[Plataforma 147] Antoine Trauma -Temple Of 3 Horses

グリッチ、エクスペリメンタルと書かれていました。

3曲目のThe white oneがいい感じです。

2015/09/11

Winjer3 - Incomprehensible Bleeping 14-15

Winjer3 - Incomprehensible Bleeping 14-15

ところどころリズムマシンが使われているシンセサイザー音楽です。

アナログ感あふれる音が楽しめます。

2015/09/10

[SCM-1505] Yan Terrien - Voicetronics

[SCM-1505] Yan Terrien - Voicetronics

Yan Terrienによる存在についての哲学的論説からの引用を基にした短い曲を集めたもの、ということです。音としてはシンセサイザで作られたリズムに喋りが乗っています。

3曲目と7曲目で使われている音がいい感じです。

2015/09/09

[TFR1104] Josef Nadek - Purity

[TFR1104] Josef Nadek - Purity

これも発振音系のノイズ音楽です。

優しそうなおじさんジャケがいかしています。

2015/09/07

[sPE_0217] Josef Nadek - 'Kråch'

[sPE_0217] Josef Nadek - 'Kråch'

発振音系のノイズ音楽です。

「互いに受け継がれた精神の揺れが、一つにまとまる。」 - Crawl Max

と、説明にありますが何のことかはよく分かりません。

2015/09/06

[SE058] Plasterdog And Smartfish - Animal's Joke

[SE058] Plasterdog And Smartfish - Animal's Joke
- @archive.org

エクスペリメンタルテクノ、ミニマル音楽と説明されています。

リバーブなどの残響が前に出てこない乾いた空間と、ローファイなシンセの音がいい感じです。

2015/09/03

[GR018] Almitra Siffredi - Sator arepo tenet opera rotas

[GR018] Almitra Siffredi - Sator arepo tenet opera rotas

サイケデリックなノイズ、ミュージックコンクレートとのことです。

1曲目から2曲目へのつながりがいい感じです。

2015/08/30

[AR87] Ayankoko - Brain Visions

[AR87] Ayankoko - Brain Visions

グリッチノイズです。

説明によると、ppoollというmax/msp, jitterのパッチ集を使っているそうです。

Piezo - Music For Machines

Piezo - Music For Machines

シンセポップです。

モスクワで活動するアーティスト、Pavel Zhagunのサイトで見つけました。

2015/08/23

[HAZE346] Zmorro - Lij Wuyte

[HAZE346] Zmorro - Lij Wuyte

半世紀ほど前の電子音楽を彷彿とさせる音で、experimental music festival 16+ (Kiev, 2015)におけるライブ録音だそうです。

説明からリンクが張ってある、Zmorro (Yuriy Zmorovych)曰く「前衛芸術家は常に規範に反対すべき」というタイトルのブログ記事が面白かったので、略歴に当たる部分を適当に抜粋しました。ぜひ原文も読んでみてください。
... 1970年代から即興演奏家として活動。1980年代にSergei Letovに出会って2本のフィルムを撮る。1991年にフランスの即興グループARFIと共に、キエフからオデッサへと向かう船上で即興演奏をしつつ聴いていたラジオでソビエト連邦崩壊の報せを受ける。 ... ソビエト連邦において即興演奏を行うことは容易でなかった。例えばジャズは禁止されており、Zmorroが語気を強めて話すことには、数年をかけて探していたDuke Ellingtonの“A Drum Is a Woman”がオデッサの闇市でやっと手に入るほどであった。 ... Zmorroは1990年代に、前衛劇場Teatr AAの創作リーダーとなる機会を得た。当時の仲間として、伝説的な前衛ギタリストのOlexandr Nesterov(ウクライナ語のリンク)がいたが、2005年に亡くなっている。 ...

--

Olexandr Nesterovの略歴を読んでいるとВідеоджаз(ビデオジャズ、と読むと思います)に参加していたとあったので、YouTubeで検索してみるとこんな動画がありました。
すがすがしいハイポジションのギターが炸裂しています。

2015/08/21

[tlhotra013] Hjorten - The Reward

[tlhotra013] Hjorten - The Reward

編集された拍手です。聴いていると何となく盛り上がってきます。説明によると、拍手に現れる思いもよらないリズムに着目したそうです。

[TFR1101] The Phosphorus Bombs - Chain of Command

[TFR1101] The Phosphorus Bombs - Chain of Command

パンクです。5曲目が短くていい感じです。バンドメンバーと犬の写真も入っています。


[SBTR113] Mourn - Apparitions [Demo]

[SBTR113] Mourn - Apparitions [Demo]

ブラックメタルです。声の処理が面白く、歪みまくっています。説明によると、シンプルで反復的なリフは人生の刃で痛めつけられた魂を表現しているそうです。

2015/08/16

[Ctrlvlv012] Chefkirk - SpecialTourConsiderationRelease

[Ctrlvlv012] Chefkirk - SpecialTourConsiderationRelease

Control Valveのリリースです。

とても高い音が延々と続く作品です。ノーインプットミキサー、サンプラーと2個のエフェクトペダルで作られているそうです。

2015/08/14

[sfa023] Czechoslovak No-Input Mixer Compilation

[sfa023] Czechoslovak No-Input Mixer Compilation

タイトルの通り、チェコのプラハを本拠とするSignals from Arkaimからリリースされた、ミキサーのノーインプット奏法のコンピレーションです。

ミキサーのノーインプット奏法とはここで勝手につけたNo-input Mixerの訳で、これはミキサーの出力を適当な入力に送り返すことでフィードバックループを作り、その発振を音量フェーダなどで操作する演奏手法です。

3、5、7曲目がいい感じです。

2015/08/12

[EdP038] Boiar - Grelos Em Braza

[EdP038] Boiar - Grelos Em Braza

脱力系のファンクな音楽です。3曲目のカウベル連打がいい感じです。

この他にもEnough RecordsMIMIなどから、Boiarのリリースを見つけることができます。ただ、Grelos Em Brazaに比べるとファンクな雰囲気は薄めです。

2015/08/11

[Kreation0062] MiXXXtape for The Posevr LegionsZ ov GoatSerpent ONLY Vol. 9

[Kreation0062] MiXXXtape for The Posevr LegionsZ ov GoatSerpent ONLY Vol. 9

とてもホットなブラックメタル・ノイズ系のアルバムです。ロックな雰囲気が感じられる21曲目がおすすめです。シャウトがてんこ盛りの、2曲目や29曲目もいい感じです。

2015/08/08

[Truco006] Gabriel Castillo y Jab Lemur - Arra

[Truco006] Gabriel Castillo y Jab Lemur - Arra

ギターの音を加工して作られたという、音響作品です。説明によると、Gabriel CastilloとJab Lemurがメールを介してデータをやり取りすることで出来上がったそうです。1、5曲目がいい感じです。

2015/08/01

[SCL166] Guerra de Cerdos - Y Te Sacaran Los Ojos


[SCL166] Guerra de Cerdos - Y Te Sacaran Los Ojos

速いパンクで、勢いのあるボーカルがいい感じです。
以下は説明文の訳になります。

--

Guerra de Cerdosは、音楽を通じて芸術的な表現を行う集まりを作るという着想で、2013年にブエノスアイレスで結成されたバンドです。彼らの歌詞は、歴史的、社会的な話題や実存主義、その他の哲学的な問題と向き合っています。彼らの音は、ポストパンク、ハードコア、スラッシュメタルといった多様なジャンルから生まれ、そうした流れを受け継ぎつつも独自の雰囲気を持ったスタイルを作り出しています。joy divisionからSlayerまでの影響を受けつつ、clashのようなパンクロックであり、minor threatのような速さを持ちつつ、メロディックな要素を追加しています。現在のバンドメンバーは、以前RatticidioのメンバーであったTapita(ギターとボーカル)、Osky(ベースとボーカル)の2人と、ドラムとボーカルを担当するzala(nash、arrebato、neuroticos、nacidos para perderなど、いくつもの地元バンドで演奏)で構成されています。

Guerra de Cerdosはとてもオールドスクールでありながら、ポストパンクにゴシックポップのメロディを乗せ、ハードコアパンクのスピードを混ぜ、スラッシュメタルの重厚感がある、オリジナルな音を持っています。作り出された音はとてもパワフルで、歌詞は歴史、実存主義、哲学に関するものです。
録音はJavier PaRES sTUDIOS、アートワークはVilly Villianによって作られました。

2015/07/25

[EdP075] Bishou

ポルトガルのインターネットレーベル、Editora do Portoから私の曲をリリースして頂けました。
--
EdPに興味を持たれた方は、比較的新しいコンピレーションであるThe Golden BoughとFrom Ritual to Romanceを聴いてみることをお勧めします。

The Golden Boughはドローン系で比較的、音の隙間がない曲が中心です。
[Edp070] VA - The Golden Bough

From Ritual to Romanceは、リズミカルな要素が多めです。物音を録音編集したような、隙間の多い曲もあります。

2015/07/23

[0kbps095] Hypercube - Knobular


[0kbps095] Hypercube - Knobular

Knobularはグリッチ・エクスペリメンタル系のアルバムで、シンセサイザーの音量を目いっぱい上げてマキシマイザに通したような音が延々と続きます。10曲目のSubfallenはとても暑苦しいドローン系の音で、私のいち押しです。また、制作者によって動画もアップロードされています。


Internet Archiveにある説明によると、HypercubeはRodrigo Passannantiという方の別名で、サイケデリックトランスのアーティストとして活躍していたそうです。Discogsを見るとTIPやBlue Roomなどからリリースがあったことが確認できます。Youtubeで探したところ、20年近く前の当時に発表された曲が見つかりました。


2015/07/20

[bump202] Houshasen

5月に10周年を迎えたbump footから、私の曲をリリースして頂けました。同レーベルからは2回目のリリースとなります。
--
bump footからのリリースでは、foot sideのSonar - Virtual Physicsがお勧めです。緩いビートと疎な音の配置にさまざまなシンセサイザーの音が次々と現れるというスタイルです。
Virtual Physics / Sonar [foot129] (2009.12.27)

2015/06/25

Singenを公開

拙作シンセであるSingenを公開しました。
まだ作りかけですが、音は出ます。