2017/04/27

SuperColliderのプラグインのインストール

公式によるプラグインの例の説明に基づいています。

プラグインは .../SuperCollider/Extensions に配置することでインストールされます。

プラグインをビルドする場合はSuperColliderのソースコードが必要になります。例としてf0pluginsをインストールします。

  1. SuperColliderのソースコードをダウンロードして解凍。
  2. f0pluginsのソースコードをダウンロードして解凍。
  3. /path/to/f0plugins で以下のコマンドを実行。
mkdir build; cd build
cmake -DSC_PATH=.../SuperCollider_Source -DINSTALL_DESTINATION=/usr/local/share/SuperCollider/Extensions ..
sudo make install

-DSC_PATH はソースコードへのパス -DINSTALL_DESTINATIONExtensions へのパスを指定してください。

以上でインストールができているはずです。SuperCollider IDEで確認してみます。

  1. SuperCollider IDEを起動。
  2. Ctrl+Bでサーバを起動。
  3. 下のコードをペースト。
  4. ペーストしたコードを選択してCtrl+Return。
// Simple synth definition using the Atari2600 UGen:
(
SynthDef(\atari2600, {|out= 0, gate= 1, tone0= 5,
tone1= 8, freq0= 10, freq1= 20, amp= 1, pan= 0|
  var e, z;
  e= EnvGen.kr(Env.asr(0.01, amp, 0.05), gate, doneAction:2);
  z= Atari2600.ar(tone0, tone1, freq0, freq1, 15, 15);
  Out.ar(out, Pan2.ar(z * e, pan));
}).add
)

// And a pattern to play it:
(
Pbind(
  \instrument, \atari2600,
  \dur, Pseq([0.25, 0.25, 0.25, 0.45], inf),
  \amp, 0.8,
  \tone0, Pseq([Pseq([2, 5], 32), Pseq([3, 5], 32)], inf),
  \tone1, 14,
  \freq0, Pseq([Pbrown(28, 31, 1, 32), Pbrown(23, 26, 3, 32)], inf),
  \freq1, Pseq([Pn(10, 16), Pn(11, 16)], inf)
).play
)

音が出れば成功です。

上の例は公式にあったものです。私の環境では実行できなかったので方法を調べました。